So-net無料ブログ作成

わんこが手術することになりました。 [犬]

以前から心配してたのだけど、
わんこ、『子宮蓄膿症』の疑いありとのことで、
早くて今月末に子宮摘出(避妊)手術することになりました。

メス犬・高齢・避妊手術なし・出産経験なし・前回の生理から早い生理

と、条件が揃ってしまったからです。

元気で食欲あり、お腹が腫れてたりとかまったく症状はないのだけど、
前回の生理から3ヶ月以内にまたきた時点で、既に異常。

症状が出てからだと、手術そのものが段々と大変になるし、
このままだと悪化するのは目に見えてる。

人間と違って、エコーとかレントゲンとかとっても、
現段階だとわからないことがほとんどだそうで……。

今後の事を考えたら、
お腹に傷つけるのはとても心苦しいけど手術を決断しました。

そう言えば、私自身子宮筋腫の手術したんだ。

自分は平気でも、
身内の手術(特に子供)は不安だというのが、
今回凄くわかりました。
って、まだこれからなんだけど……。

私が手術する時、私の母は顔には出さなかったけど、
ものすごく心配したんだろうなぁ。
って、今更実感してます。

なんとか悪化しない状態で、手術できますように……。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

コメント 2

アルトとシュガー



こんにちは

心配ですね
うちの子たちは 割と早めに手術してしまいました

今は縫った糸は溶けるものになっているようで
今はお腹を見ても 手術した形跡もわからないくらいですよ

ワンちゃんも全身麻酔なので そちらの方も
心配ですよね。

うまくいくことを お祈りしています。



by アルトとシュガー (2013-05-16 16:19) 

繭沙

こんにちは。
ご心配していただきありがとうございます。

うちの子はもう13歳と高齢なので、色々と不安要因が多いです。
一昨年・昨年と、歯の抜歯手術をしてますので、
全身麻酔は大丈夫だろうとの先生のお話です。

が、溶けるタイプの糸は、安全性が0ではないので、
レーザー?のようなものを使い、
お腹の縫合はステンレスみたいなものにすることに決めました。

またブログに書ける余裕がある時に、
経過を書いていこうと思っています。
by 繭沙 (2013-05-23 09:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る