So-net無料ブログ作成
検索選択

わんこの手術(卵胞嚢腫) [犬]

わんこ、緊急で25日(土)の午後手術しました。

朝8時から絶飲で、わんこ本人は『何か忘れてない?』という顔。
9時に病院に連れて行き、手術が出来るかどうかの血液検査。
入院ケージが空いてないので、あらためて12時前に連れて行く。

看護師さんに手渡したら、遠くで凄く吠え始めました。
手術の体力は、全く問題ないようです。

終わったら連絡貰えるので、
今までの歯石除去の経験から、16時ぐらいだろうと思ってました。

が、16時30過ぎても連絡が無い。
凄く眠いのだけど、うとうとしつつ待ってたけど、なかなか連絡が無い。
17時過ぎてやっと連絡。

無事に完了とのことで、迎えにいきました。


そして……。
開けてみたら実は、『子宮蓄膿症』ではなく、『卵胞嚢腫』という病気でした。

『卵胞嚢腫』という病気は、
簡単に言うと、卵が排卵せず、そのまま卵巣にとどまってしまい、
水泡が出来上がり、ホルモン異常でますます水がたまり大きくなっていくものだそうです。

うちのわんこは、思ったよりも『水泡』が大きく驚いたそうです。

それでも外から触っても分からないもので、
膿だと思って緊急手術したのは大正解だったようです。
そのままにしておくと、破裂してた可能性が高いと……。


猫に多く犬では少ないと。おまけに症状もこちらのほうが出にくいとのこと。
ホント早く分かってよかった……(>_<)

私が膿だと思ってたのは、水に近い体液っぽいものだったのかな?
それとも早く手術出来るように、私に幻想を見せてくれたのかな?

術後、麻酔が効いてるけど、自宅に帰ってきた安心感か、
自分で歩こうとしてしまうので、椅子の上にガード(お手製)を付けて眠らせました。

ショック症状が現れたらすぐ分かるように、
ずっと様子見。
夜も一緒に眠りました。


そして一夜迎え、
すごく元気に朝ごはんをぺろりと食べました。

なんて元気で生命力ある子なんだろう。
本当に、私の子でありがとう……。



でも、まだ油断しないで、抜糸まで頑張ります。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。