So-net無料ブログ作成
検索選択

わんこの闘病記録 4 [犬]

わんこの居ない夜を過ごした。
晩ごはんの準備、トイレの片付け、歯磨き等々、いつも日課だったことが、何もない。

8月4日

朝起きても、朝ごはんの準備等何もない……。
ただひたすら、何か合った時のための電話を待つだけ……。

木曜は獣医さんは定休日なので、顔を見に行くことも出来ない。
こんな時に限って、携帯が壊れた。
電源が全く入らない。
でも、今日はメンタルクリニックの通院日。
急いで行って、今の不安な状況話した。

「心配かもしれないけど、自分が参らないようにちゃんと寝てね」
それはわかってるんだけど……。


そして、夜の18時頃、連絡が来た。
ちょっと決めて欲しいことがあるから来て欲しいと。

泣きそうになりながら獣医さんに行った。
血液検査。
 BUN(尿素窒素 腎臓系の炎症値) 52.3  正常 9.2~29.2
 赤血球                   306  正常 550~850
 PCV(ヘマトクリット 貧血度合い)  23%  正常 33.2~58.1

腎臓の数値は点滴で下がってるけど、貧血が酷いと。
その貧血を治すために、一番てっとり早いのは、輸血。
でも、犬用の輸血はなく、いわゆる造血剤を一日起きに注射するらしい。
そしてそれがかなり高額で、10本セット取り寄せ1本が2万くらいするらしい。

だから、そこまでの金額を使って治療をするかどうか、という内容だった。

単純に、20万……。今までのかかった費用、まだ計算されてない入院費を考えたら、
そんなお金私にはない。家族にも「そこまで……」と反対されるのはわかってる。

だから、泣きながら、
「それならもう家に連れて帰ります」と言った。
すると先生は、
「9割死にますよ」

もともとはっきり言う人だけど、そこまで今言わなくても……。
余計に泣いてしまう私……。

今は腎臓の数値が点滴で下がってきてる。
でも貧血は酷くなってる。
今、腎臓の点滴やめたら、それで亡くなる可能性が高い。
このまま貧血が進んで何かある可能性も高い。

「とりあえず、貧血の注射を取り寄せるかどうか決めて欲しいだけだから。」

先生が言ってることは、わかるけど、ある意味分からない(>_<)

結局、貧血治療の注射はやめて、点滴を減らしたら数値がどうなるか、
もう一日入院することになった。

帰る前に、入院ケージで合うことができた。
腎臓の数値が下がったせいか、本人は昨日に比べ至って普通に元気。
狭いケージの中をとことこ歩き回ってる。

私は何度も、もう少しで家に帰れるからね。とはなした。
でも帰る時のドアを閉める瞬間「私を置いていくの?」というあの表情が忘れられない。

そしてこの日の夜も、何かあったらすぐ電話くれるという、
不安な夜を過ごす……。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。